君が見えなくて
僕も見えなくなって
こんなにも傍にいたのに

君と過ごした日々
当たり前な温もりは消えて

夏に恋をして
秋に寄り添い 冬を越えて

桜舞う春
想いよ すれ違うなんて
君のふてくされた顔が大好きで
わざと怒らせては
頭を2回撫でて

両頬を軽くつねるの
まるで「ありふれた恋の歌」のような

それは2人だけの
仲直りの合図 僕は
形ばかりを追い求めて
肝心なものが見えなくなってた

僕が見てたのは
隣で微笑む君じゃなかったんだよね

君が見えなくて
僕も見えなくなって
こんなにも傍にいたのに

作り笑顔ばかりの君に
気付けなかった ごめんね

歩幅を合わせようと
息切らす君に

速度を合わせられなかった
帰り道は今は2つ


「ねぇ どこかでさ
君もこの桜を見てるの」

君は「さよなら」を
言い出せないまま
こんな泣き顔は見たことなくて

こんな時どうすればいいか
解らない僕は君の手を握る

それでも「ごめんね」って
笑おうとする

君の笑窪に溜まる滴は海となり
飛べないびしょぬれな鳥は僕

いつも君は僕を見ててくれたね
月は僕の言葉を
青い魚と照らし
君を連れて行った

たくさんのごめんねを
たくさんの大好きを

たくさんの温もりを
たくさんの涙を

たくさんの思い出を
たくさんの毎日を

たくさんの僕を
たくさんの君よ
「また逢えるよね」

 ROCK LYRICをフォローする!

フォローすることでROCK LYRICの最新情報を受け取ることが出来ます。

歌詞リンクURL  ⇒

※この歌詞をHPやブログで紹介する場合、このURLを設置してください。

   桜舞う季節にへのコメント

まだコメントはありません
  歌詞閲覧履歴
   

  関連動画一覧



  新着コメント